リハラボとは

理学療法士が作った
「リハビリ専門デイサービス」と「訪問看護リハビリステーション」です。

リハラボは「リハビリ」を中心としたサービスを提供する、地域に根ざした「リハビリ専門デイサービス」「訪問看護リハビリステーション」を運営しています。
デイサービスに常駐している理学療法士と、訪問看護ステーションに所属する看護師や、さまざまなリハビリ専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が連携することにより、高齢者をはじめ、心身に障害を持った方々に対して、個々の心身の状態に応じた包括的なケアを提供することのできる、地域でも数少ないリハビリ専門のグループです。

リハラボリハビリ専門デイサービス さまざまな連携により
地域のご利用者様を包括的にケア
リハラボ訪問看護リハビリステーション
例1)病院からの退院後、訪問看護を利用して在宅の生活を整えて欲しい。その後リハビリ専門デイサービスに通って欲しい。

例2)身体機能が低下しデイサービスに通えなくなった、訪問看護へ移行してリハビリを継続したい。看護師の派遣もお願いしたい。
例3)デイサービスでのリハビリは順調だが、自宅の日常生活に不安を感じている、訪問リハビリでフォローしてほしい。

例4)50歳で脳梗塞となった、仕事復帰を目標にしたい。デイサービスと訪問リハビリでそれぞれ役割分担し、目標を持ってリハビリを集中的に実施してほしい。
地域の皆様

リハラボ コンセプト

【リハビリの意味を考える】

リハラボでは、リハビリの専門職が、デイサービス(通所介護)や訪問看護リハビリで質の高いリハビリを提供します。
リハビリとは、身体機能を取り戻していくことだけでなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」を重要視し、そのために行われるすべての活動を示します。スポーツジムのような機械を使ったエクササイズや、ストレッチや運動プログラムを繰り返し行う事は本当のリハビリとは呼べません。要介護者状態で体に障害を持った方々の身体状況、精神状態は多種多様です。ご利用者様一人ひとりが人間らしく、自分らしく生きていくためのきっかけとなるように、さまざまな専門職がご利用者様一人ひとりとしっかり向き合い、オーダーメイドのリハビリを提供し、人生を少しでも豊かにするお手伝いをいたします。

【笑顔】

リハラボはスタッフとご利用者様の間で、笑顔×笑顔のコミュニケーションを最も大切にしています。技術的なアプローチにだけではなく、リハビリや看護をきっかけとして、ご利用者様の「笑顔」を生み出すこと。そして、そのことにスタッフ自身がやりがいを感じ、笑顔で仕事ができることを大切にし、一人ひとりのご利用者様としっかり向き合っています。

【敬愛の心】

リハラボでは人生の先輩であるご利用者様に対し「尊敬の念」を忘れずに接すること、また、自分の家族のように「愛情」を持って関わる気持ちを大切にしています。
ご利用者様やご家族様一人ひとりに対して常に「敬愛の心」をもって接し、心が温まるサービスを提供いたします。

【特別な場所・特別な人】

デイサービスは、ご利用者様が「新たな居場所」として、いつでもまた行きたくなる安心できる場所になること、訪問看護リハビリは一度ご自宅を訪れたスタッフに「また来て欲しい」と感じていただける人間になること――リハラボはご利用者様にとって特別な場所・特別な人となれるように、日々心も新たに仕事に励んでいます。

代表挨拶

リハラボは地域の皆さまに安心して楽しく専門的な「本当のリハビリ」サービスを提供することを目的に、平成23年杉並区高円寺に1号店を開設しました。当時「リハビリ」という言葉が独り歩きしてしまい、障害を持って地域で生活している方々がデイサービスで適切なリハビリを受けることができない現状がありました。そんな現状を変えるべく、理学療法士によるリハビリを軸とし、地域に密着した施設運営を続ける努力をしてまいりました。
その後、私たちは地域の皆様に対しさらに何ができるか思案を続け、平成28年、訪問看護リハビリステーションを開設しました。
結果として、デイサービスと訪問看護リハビリステーションとの連携により、さらなる深化した良いサービスを提供できるようになりました。
リハラボは、「リハビリをきっかけとし」少しでもご利用者様の今後の人生が充実したものになるよう、ご利用者さま一人ひとりとしっかりと向き合い、オーダーメイドのプランニングとリハラボのコンセプトを大切にし、これからも地域の皆さまのために、全力で取り組んでいきたいと思います。
株式会社Reha Labo Japan代表取締役 竹下健輔